にしのみやなんれん
西宮市難病団体連絡協議会


   兵庫県「腎炎・ネフローゼ児」を守る会
代 表 者 米田 寛子
西宮難病連担当 岩本 正博
設立年月日 1968年(昭和43年)7月
入会金・会費 入会金:なし 会費:3,000円/年
会の目的
 1968年(昭和43年)7月、姫路に発足した兵庫県「腎炎・ネフローゼ児」を守る会は、ここに連綿として歴史を重ね43年を迎えます。
 この会は、腎炎・ネフローゼなどの腎臓疾患児の治療、教育の保障と社会生活の向上および、その家族の生活を守るために必要な行動を行うことを目的としています。
 
事業の内容
  1. 会員相互の交流を図る。
  2. 腎疾患児に関する諸問題について話し合い、腎疾患治療、病弱児教育の推進および社会生活の保障の充実を図るため市、県、国へ陳情する。
  3. 病気に関する知識情報を収集し、全員に周知する。
  4. 腎臓病予防、早期発見、早期治療のための諸活動を行う。
  5. 県下各地で医療・生活・福祉に関する相談会を実施する。
私達の願い
  1. 原因の究明と治療法の確立。
  2. 国立腎センターの早期実現。
  3. 治療費の公費負担。
  4. 病弱児教育の充実。
  5. 就職および生活の保障。
トップページへ 加盟団体ページへ
Copyright(c) 2011-2013 西宮市難病団連絡協議会