にしのみやなんれん
西宮市難病団体連絡協議会


   近畿つぼみの会兵庫県支部
代 表 者 田村 尚子
西宮難病連担当 島田 典子
設立年月日  
入会金・会費 入会金: なし  会費: 6,000円/年
会の目的
  1. T型糖尿病患者とその家族が親睦をはかる
  2. 療養生活の励まし合いにより、糖尿病を克服する
  3. 医療と福祉の増進を図る
主な活動
  1. 食事療法、インスリン投与、心理面など日常のさまざまな問題について相談に応じる
  2. 医療相談会・地区懇談会(年2回程度)
  3. 家族教室(月1回大阪で開催)に参加
  4. 会報「つぼみだより」(毎月発行)に兵庫のお知らせを掲載
  5. サマーキャンプ(小学生以上8月)
  6. シニアキャンプ(中学生以上3月)
  7. 阪大検診(8月)
  8. 制度の拡充や施設整備に関する要望を自治体に届ける
病気について
 T型糖尿病は、インスリン依存型糖尿病とも言い、生命維持のためにインスリン投与が必要不可欠で糖尿病の中でも最重症といえます。
 インスリン投与は、1日2〜4回血糖値測定と自己注射、あるいは24時間注入ポンプによって行います。近年はポンプを装着する患者さんも徐々に増えています。それと食事療法、運動療法を併用して血糖値のコントロールをしますが、予想外の低血糖、高血糖があり、血糖値はなかなか安定しません。コントロールの指針として、月1回のHBALを測定しますが、これは過去2〜3ヶ月間の血糖値の平均値ですからこの数値がよくても合併症の心配がないわけではありません。合併症は血糖値の変動(血管の収縮率)によってもおこるからです。血糖値のコントロールによって合併症の予防が必要です。
 近年、医学の発達によりインスリンの種類も増え、血糖値測定器やポンプ器の技術改良も進む反面、医療体制・福祉関係の社会情勢はますます厳しくなり、障害治ることのないT型糖尿病患者・家族には闘病生活と共に大きな課題となっています。

書籍案内
月刊誌 糖尿病ライフ さかえ(日本糖尿病協会)
かんたんカーボカウント 〜豊かな食生活のために〜
                  (医薬ジャーナル社)
 
トップページへ 加盟団体ページへ
Copyright(c) 2011-2013 西宮市難病団連絡協議会